事例Case Study

外資系ITサービス会社様 電子機器返品運送手配・物流管理代行

外資系ITサービス会社様 電子機器返品運送手配・物流管理代行

大型及び小型精密機械の返品運送手配およびこれに関連する物流管理代行

  • 物流管理サービス
  • 輸配送サービス(国内・国際)

お客様のお悩みとサービス導入の背景

サーバーなど大型製品の返品運送は通常の製品配送に比べ引取りや運送手配に関して留意すべき点が多く煩雑です。適切な運送と作業を手配するためには、例えば引取りの際にサーバーはラックに搭載された状態なのか、取り外しされているのかといった製品の状態や、製品タイプ・付属品の有無による物量の把握などを事前に行う必要があります。
返品される台数と場所の情報から通常の製品配送と同様にトラックを手配してしまうと、トラックに製品が乗りきらないといった物量把握のミスが起こりがちです。

【返品運送に関する主なお悩み】
●製品知識がないと物量の把握を読み違える可能性がある
●運送と積み下ろしだけではなく、ラックからの取外しなどの作業が発生することが多い
●引取りをする場所によってセキュリティ要件が様々で入館等の事前準備が煩雑

JBLでは専任の担当者がお客様と密に連携し、正確な物量把握や適切な運送・作業手配を行っており、お客様の信頼を得ることができました。

請求検証などお客様に代わっての管理業務も遂行

また当該案件につきましては、運送や作業手配のみならず、運送業者からの請求検証や、お客様の監査対応への支援、お客様のシステム入力代行、作業の進捗管理、作業実施後のアウターフォローや入庫確認、廃棄に関わる手配といった物流に関わる管理業務全般を行っております。

なかでも請求検証業務は、年間2000件近くにおよぶ運送業者からの請求について、作業にかかった車の台数、時間、走行距離といった主な指標をもとに請求金額の妥当性や請求に関わるエビデンスをお客様に代わり確認しています。月末に作業が集中する請求の検証をアウトソースしていただいたことにより、お客様においては作業時間の大幅な削減と平準化になりました。

【サービスの主な項目】
●お客様とのスケジュールや物量の確認・調整
●引取運送手配(手配書の作成、運送業者の選定等)年間約3000件
●配車書・引取書・納品書等の書類作成と(お客様の)システムへの入力代行
●倉庫管理システムを用いた入庫の確認や棚卸の支援
●機器廃棄に関する手配及び完了の確認とお客様への報告
●お客様の監査への対応(エビデンス書類提出等)
●請求検証(業者からの請求金額の妥当性を確認)

導入後の効果、改善、お客様のメリット

■運送コストの削減
製品の返品運送に関しては、通常配送に比べて物量の把握が難しく、事前の入念な確認や製品の知識、経験等が必要です。JBLの専任スタッフにより正確な物量を把握することで適正なトラック手配が可能となり、運送コストの削減につながりました。

■搬出作業工数の削減
サーバー等大型機器の搬出におけるアンマウント作業(ラックからの取外し)などが可能な作業員を手配することで、お客様の作業工数削減につながり、また搬出作業がスムーズに行えるようになりました。

■書類の不備、在庫差異等のミスや不備を削減
必要書類の提出状況をアプリで可視化するなどのご提案や、ダブルチェック体制の確立などにより手配ミスや在庫の差異削減につながりました。

■請求金額の適正化、検証作業時間の削減、平準化
複数の運送業者からの請求について、依頼内容と請求項目の一致やエビデンスの確認、価格の適正などを検証。お客様の検証に係る作業時間が大幅に削減し、また月末に集中する作業時間の平準化ともなりました。

主な効果、改善 お客様のメリット
  • 運送コストの削減
  • 搬出作業工数の削減
  • ミスや不備の削減、作業品質の向上
  • 請求金額の適正化

本件に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム
お電話によるお問い合わせ
☎ 045-444-1326(受付時間:平日10:00〜17:00)