包装ソリューションPackaging Service & Solution

材料試験サービスJIS Z 0602 パレット試験サービス

JIS Z 0602に規定されている以下のパレット評価試験が実施出来ます。設定荷重に応じたひずみ量、たわみ率、残留たわみ率を測定できます。

           

試験の流れ

パレットの脚部圧縮試験

  1. パレットのケタもしくはブロック部に対して規定された冶具を使用します。
  2. 最大積載質量に相当する1.1倍の荷重を加え、その圧縮ひずみ量を測定します。

パレットの曲げ試験

  1. パレットの下面両端に支持材を設置します。
  2. パレットの上面に対して規定された冶具を使用し、最大積載質量に相当する1.25倍の荷重を加え、パレットのたわみ量及び残留たわみ量を測定します。

パレットの下面デッキボード曲げ試験

  1. パレットの上面を下側に向け圧縮試験台へ設置します。
  2. 規定された冶具を使用し、最大積載質量に相当する1.15倍まで荷重を加え、パレットのたわみ量を計測します。

パレットの落下試験

  1. パレット上面の対角線上に測定点を2か所設けます。
  2. 鋼板やコンクリートなどの堅固な材料の水平面に対して、500mmの高さより同一角に対して3回自由落下させます。
  3. 3回落下後に計測した対角線の長さの変化率を測定します。

本件に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム
お電話によるお問い合わせ
☎ 0466-41-0264 / 0267 / 0265(受付時間:平日10:00〜17:00)